介護 トラブル 現状

数十年前と現状の介護の状況の変化と今後起こり得るトラブル

身体拘束って虐待になるそうですが、それが介護保険が施行される前までは当然のように行われていた時代があったことを知っていますか?

 

私が初めて目の前で拘束を行っている介護スタッフを見たときは驚きました。
「え?縛るの?それって酷くない?」と介護の異常な世界に慣れていない新人の頃はショックを受けたものでしたが、「介護の世界」に慣れると、安全のために・人手が不足している時はやらざるを得ないと、「虐待」なんてことは少しも考えることなく、縛ることにスッカリ慣れていました。
考えてみれは、普通の世界ではありえないことですよね。ですが、介護の世界では、一般にはあり得ないことが普通だったんです。

 

おむつを外せないようにつなぎ(拘束衣)を着せる。
怪我をした頭部の包帯を外して傷口を掻きむしらないようにベッド柵に手を縛り付ける。
認知症の方で歩けないのに歩こうとすために、転倒防止のために、夜間のみ腰にひも付けてでベッド柵に縛る。
車いすからずり落ちそうになる人、認知症の歩行困難な人で、車いすから立ち上がろうとするため転倒防止のために拘束帯を使用する。

 

そういった理由で施設側は安全のために家族の了解を得て拘束を行ってきました。

 

ですが、介護保険が施行されてから、介護保険施設などでは身体拘束が禁止とされました。

 

私は介護保険が適用される前に介護の世界から足を洗ったので、拘束禁止以降の情報は介護士の友人から聞くしかありません。

 

この拘束禁止になった当初は、転倒による怪我がかなり増えたということです。

 

せっかく寝たきりが改善されて拘束帯使用ではありますが車いすで起床出来るようになったのに、拘束ができないために車いすから立ち上がり転倒して骨折。そのまま寝たきりとなってしまったケース。

 

経管チューブを引き抜いてしまうので、何度もチューブを挿入することになり挿入するたびに苦痛を与えることになってしまう。

 

傷を掻きむしって更にひどくしてしまう。などの問題が増えたそうです。

 

問題行為のある人や、転倒の危険がある人をマンツーマンで見ていられるならばいいが、人材が不足している状態では無理。

 

拘束禁止当初は、見えないところでこっそりと、あるいは、拘束しないと生命の危機があり、他に方法がないという場合は家族に説明をし、同意を得て行政にも身体拘束の報告を行った上で拘束をしていた施設もあったということです。

 

禁止以降、「身体拘束ゼロ作戦」に取り組んだ施設も多くあり、拘束ゼロに成功している施設もあります。ですが、未だに拘束している施設は多くあるようですね。
たまに特別養護老人ホームで拘束していたというニュースがとりあげられます。
拘束を行う理由として多いのは、「人手が不足していた・転倒の危険があったため」というものです。

 

施設での拘束に関する相談や通報はい未だに多く寄せられるそうで、まだまだ拘束にまつわるトラブルはを無くせる状態ではないようです。

 

■当サイトおすすめの施設検索サイト

↓施設をお探しならこちらから↓