入居 流れ

入居までの流れ

ここでは一般的な老人ホーム入居までの流れをご紹介します。

 

1.まずは入居を考えたら気持ちの整理が必要です。
介護が必要でない方・介護が必要とされる方、その家族はそれぞれ気持ちの整理をしましょう。

 

介護が必要ではない方は、自分の意志で老人ホームへの入居を希望される方が多いと思いますが、なぜ入居するのか?家族の賛成は得られているのか?現在住んでいる家はどうするのか?終の棲家となるところはどのような場所。環境がいいのか?などを考えましょう。

 

介護を必要とされる方は、本当は自宅での介護を望んでいるのでしょうが、体の状況・家庭環境の都合で止むを得ず老人ホームへの入居となります。自分は家族に捨てられるとは思わないでください。老人ホームの方が健康、栄養、リハビリなど日常生活の中で行き届いた介護サービスを受けられるということ。行事や新しいお友達もできて、自宅にいるよりも刺激のある生活を送れるということ。是非そういったことを楽しみにしていただきたいです。

 

入居される方は家族から離れることがとても不安です。ですから家族の方は入居される方とよく話し合ってください。そしてできれば入居後の面会の件や、外泊、外出についても話し合ってください。期待を持たせる内容でなくていいのです。正直に、自分たちが出来る範囲の内容を話して納得してもらうことが必要です。

 

2.パンフレットやネット、地域からの情報を集めて比較検討しましょう。
環境はどうなのか、サービス内容、料金、どのような方が入居対象なのか、自分に、入居する家族に条件が合うのか検討します。

 

3.だいたい決まったら、施設へ連絡、または市区町村が窓口になっていればそこへ連絡し、見学や体験入居の申し込みをします。
要介護の方はショートステイを何度か利用し、家庭から離れることに慣れ、施設に慣れるというケースが多いです。

 

4.体験入居で気に入ったのであればサービスの内容、料金などの確認をして契約となります。

 

介護の必要のない方は、もう一度老人ホームに入居することについて考え、気持ちに変わりがなければ、身辺の整理、自宅処分などを行ってください。

 

終の棲家となります。少しでも楽しく過ごせる「家」を探せることを願っています。

■当サイトおすすめの施設検索サイト

↓施設をお探しならこちらから↓