介護士になるには

介護士になるには(資格取得など)

介護の仕事が注目されていますね。
多くの民間企業が有料老人ホームの経営をして、あちこちにホームが出来ていますし、訪問介護の事業所も増えています。

 

求人広告を開けば、介護施設の求人が多いですよね。

 

そういった所で介護士として働くには何か資格がいるのかしら?と疑問に思う方がいるでしょう。求人を見れば、必要な資格の欄にホームヘルパー2級とか、介護福祉士とか書いてありますが、無資格でも働けることができます。

 

しかし、資格があった方がお給料が少しは良くなることもあるので、資格を取得しておくと良いでしょう。

 

訪問介護のホームヘルパーは、ホームヘルパー2級が必要になります。

 

老人ホームでは色々な資格を持っている人が働いていますが、無資格でも介護のお仕事はできます。
また、働きながら資格取得の勉強ができるので、机上だけで勉強するよりは現場を知っているので理解しやすいのではないかと思います。

 

さて、資格の取り方ですが、介護福祉士とホームヘルパーでは全く違います。

 

ホームヘルパーは民間団体の認定資格になります。
厚生労働省が定めている基準に沿って地方自治体や民間の養成機関で講習を修了すれば資格が持てます。
3級〜1級がありますが、3級は入門で、2級からが現場で通用するといった感じですかね。1級は他のヘルパーのリーダーとなれるヘルパーの養成になり、1級を取得された方の多くは、介護福祉士や、ケアマネジャーなどの資格取得を目指すようです。

 

この資格を持った人が働く介護の現場となるのは自宅で介護をする在宅と、老人ホームと呼ばれるような施設になります。

 

介護福祉士は(ケアワーカー)介護のプロとして試験に合格して得られる国家資格です。
介護福祉士とホームヘルパーでは仕事内容や働ける現場にはほとんど変わりがありませんが、老人保健施設・通所サービス・療養型病院・身体障害者更生施設など働く場が広く、待遇もホームヘルパーよりも良いです。

 

介護福祉士の資格を取るには現在は2通りあります。

 

1つ目は厚生労働省が指定する学校・養成施設を卒業すれば試験を受けずに資格が得られます。

 

2つ目は国家試験を受けることです。
これは、3年以上の介護実務または福祉系の学校で規定の単位を履修していなければいけません。

 

しかし、平成27年度からは国家資格の取得方法が改正されて、介護の実務経験が3年以上であり、600時間の研修を受講することが義務付けられます。

 

お給料の面、働ける現場の広さからすると、介護福祉士の資格の取得を目指してみてはどうかと思います。

■当サイトおすすめの施設検索サイト

↓施設をお探しならこちらから↓