介護士の求人数

介護士の求人数(介護仕不足)

介護のお仕事の求人はたくさんありますよ。

 

なぜ介護の求人が多いかと言いますと、介護施設(有料老人ホーム・通所施設・訪問介護事業所)が増えたために、介護福祉士や、ヘルパーの人手が必要になったんですね。
それから、給料・待遇・仕事で体調を崩すなどの理由で離職する人が沢山いるということも求人の多さの理由でもあります。

 

特に都市部では求人が多いみたいですよ。
都市部であれば、介護の仕事をしていた人が離職後は、他企業や他の施設に再就職がしやすいのだそうです。
地方では再就職がしにくいという理由で、仕事を辞めたくても働く場所がないため、辞められずに我慢しているという人が多いそうです。

 

求人を探すのであれば、新聞に入っている求人広告・地域新聞・ハローワーク・インターネットで探すことができます。

 

求人募集の応募するのに注意して見ていただきたいポイントを紹介しましょう。

 

しょっちゅう求人をかけている施設は要注意ということです。
これは、一般企業でも同じですね。
何度も求人を見かける施設は、何らかの理由があって離職者が多いということです。問題がある施設と考えてよいでしょう。

 

給料面は地域、施設によって多少の差があるので、時給や、ボーナスの回数などのチェックをした方がいいですね。

 

職場では職員間の人間関係も重要になります。
離職理由では、給与の理由もありますが「人間関係が辛い」という理由も多くあります。
介護の現場では、職員が協力しあって業務を行わなければなりません。ですから良好な関係が築けなければ肉体的、精神的に辛くなります。
施設見学ができるのならば、職員の雰囲気や、チームワークの良さもチェックしていくださ。職員と話しをしてみることをお勧めします。

 

スキルアップの支援があるのかどうか。
仕事をしながら介護福祉士の資格を取得したい、スキルアップをしたいと思った時に、支援をしてもらえるのかどうかも重要になります。

 

現場の状況、雇用形態などをしっかり調べて、納得してこの仕事に就かなければ、すぐに転職することになりますよ。

■当サイトおすすめの施設検索サイト

↓施設をお探しならこちらから↓