介護士の転職について

介護士の転職について

介護職員の離職率は、他の業種と比べるととても高くなっています。 

 

この介護の業界では、特にヘルパーの方の離職率が高いそうですね。

 

新卒で他の業界で仕事をしたことがない介護職員ならば、比較する他の仕事を知らないので「こんなものかと」我慢ができるようですが、他の業界から介護に転職してきた人は比較できる物を知っているだけに、きつい介護の仕事と割に合わないお給料に気づきます。

 

また、介護施設にはヘルパーや、介護福祉士、理学療法士、看護師、ケアマネジャーなどの職種の人もいます。
ヘルパーはその中でもどうやら待遇が悪いようですね。
パートや契約、派遣などの扱いでなかなか社員にはなれず、給料も安くて上がらない。

 

介護福祉士の資格を取得すれば少しは給料も上がり、待遇がよくなるかもしれなせんね。

 

多くのヘルパーは他業種からの転職になるので、介護福祉士の資格を取得するまでには時間がかかります。
ヘルパーは講習を受けるだけで認定資格を取れますが、介護福祉の受験資格はまず介護の経験が3年必要になります。

 

3年は長いですよね。
そこまで我慢して介護の仕事をしたくない人は辞めて一般企業へと転職していきます。

 

ヘルパーに比べると待遇の良い介護福祉士も離職しています。
その理由は、夜勤がつらい、体がつらい、シフト制なので予定が付きにくい、そして仕事がきつい割には安い給料など。

 

とても体力が必要な仕事です。腰を痛めたり、夜勤での精神的負担も辛くなります。
また、せっかく福祉専門学校を卒業して介護福祉士の資格を取得したというのに、思い描いていたほのぼのとした介護の仕事ではないことに嫌気が差して、という人もいますね。

 

介護の仕事が嫌で離職する方もいますが、介護の仕事から介護の仕事へと転職されている方もいます。そういった方は介護の仕事が自分には向いていいるけれど、今の所よりももっと待遇がよく、給料の良い介護施設への転職をされるようですね。

 

離職理由から考えると、ヘルパーや介護福祉士の給料や、雇用形態の改善が今後の離職率を大きく変えるのかもしれませんね。

■当サイトおすすめの施設検索サイト

↓施設をお探しならこちらから↓