介護士の将来性

介護士の将来性

高齢化社会が進むなかで、介護の仕事は重要とされてきています。
人は誰でも老いるもので、何かと不便が生じてきます。いずれ誰かの手を借りなければ生活ができなくなりますね。
そういったことから介護の仕事は今後の高齢化の日本には必要不可欠な仕事になります。

 

介護の現場で必要とされる資格は色々ありますが、要介護者と多く触れ合うのはヘルパー・介護福祉士ですね。

 

かつては介護の仕事は女性がするもの的な考えがあり、男性は少なかったのですが、最近では男性も多く活躍しています。

 

介護の現場は力仕事が多いので、男性の活躍が期待されますし、男性にとってもやりがいを感じる職場になるのではないでしょうか。

 

また、仕事が忙しい。シフト制なので友人と予定が合わない、その為に出会いが少なく、結婚が出来ないと思われがちですが、職場結婚される方が多くいます。

 

私の友人も何組か職場結婚をしていますよ。
結婚後は同じ職場にはいられないので(一緒に休まれては困るという理由)どちらかが他の部署、あるいは他の施設へ転職することになります。
同じ介護の仕事をしていることもあり、仕事の理解を得られるので結婚相手としては良かったと言っていますね。

 

国家資格である介護福祉士は、「時代を担う人材」として期待されていて、将来性が高い資格とされています。

 

この資格は、厚生労働省が指定する福祉養成施設で必要単位を取得、終了するだけで介護福祉士の資格を取得できましたが、平成27年からは(予定)介護福祉士の資格を取得するには3年以上の実務経験と600時間の研修が必要とされてきます。

 

資格取得が難しくなり、専門的な知識や技術が必要とされるためにヘルパーとの差別化が考えられますね。

 

今後は給与や待遇面で改善され、働く場も広がる可能性がありますし、まだまだ法改正がされるので、改姓次第では介護士でなければ働けない現場も出てくるのではないかと予測している専門家もいますよ。

 

活躍の場が広がり、介護福祉士の資格取得が難しくなるということから、待遇も改善されるのではないかと思います。

 

■当サイトおすすめの施設検索サイト

↓施設をお探しならこちらから↓