入居費用

入居費用と計画

老人ホームに入居するには費用はどのぐらいかかるのか気になりますよね。
ここでは特別養護老人ホームと介護付き有料老人ホームを紹介します。

 

特別養護老人ホームの場合。
ここは要介護の判定が出た人が利用できる老人ホームです。
社会福祉法人という公的機関が運営しているので国・自治体から補助金が出ているために、設備が整い、入居費用も安いので、人気があり、入居希望者が多いために数年待ちということがあります。

 

費用は入居金はかかりません。
介護保険の1割が月額として自己負担になります。だいたい、3〜4万円程度なので年金収入で毎月の支払いは賄えるでしょう。

 

有料老人ホームの場合。
入居時に必要な費用として用意しておかなければならないのが入居金・入居一時金です。

 

入居金・入居一時金は、ホームに対する終身利用権と介護などの各サービスを受ける権利の取得費用になります。
だいたい必要な金額は数百万〜数千万円となっています。

 

次に毎月必要となる費用です。
この内訳は、主に月額利用料・家賃・管理費・光熱費・食費・介護を受けていればそれに関わる費用・介護保険の自己負担分・イベントやサークル活動での雑費・医療費などです。
ホームによって内訳が違うので確認が必要になりますが、この月額使用料は入居後も払い続けないといけないので、この料金をどうやって捻出するかを考えておかなければなりません。

 

例として終身利用型介護付き有料老人ホームで20年過ごす場合。

 

入居金500万円+月額利用料11万円+食費5万円+介護保険自己負担+イベント・サークル活動費+その他雑費でおよそ50,640,000円が必要となります。

 

例は高くて手が出せそうもないと思いますが、、ホームによっては入居金が0円というところもあるので、もっと安い料金で入居できる場合もあります。

 

入居の際にはだいたい100歳ぐらいまでは生きることを想定して入居費用を計算し、用意しておいた方が良いでしょう。

 

無理のない費用でホームを選びましょう。

■当サイトおすすめの施設検索サイト

↓施設をお探しならこちらから↓