老人ホーム職員 セクハラ

老人ホーム職員やホームヘルパーのセクハラなど

私が勤めていた特別養護老人ホームは、新設のために入居者は在宅介護だった人や保健施設からの入居だったので介護施設経験のない人ばかりでした。

 

そして介護スタッフも若い人たちのパワーで「新しい老人ホーム」を造っていきたいという施設長の希望があって新卒者ばかりだったのです。

 

福祉の専門学校を卒業した人が多くいましたが、私は福祉と関係ない学校を卒業してこの仕事に就いたので、施設の実習経験がなかったんです。
ですから初めてのおむつ交換はそりゃ〜衝撃的でした。

 

20才で、男の人のおむつ交換するんですよ!!拭かないといけないし・・・

 

頭がしっかりとしている入居者の方も、若い娘におむつ交換をされてとても恥ずかしそうにするんです。
ですからこっちも恥ずかしいやらなんやら・・・でも。数をこなしていくうちに慣れましたがね。

 

女の私がそう思うように、若い男性介護スタッフも女性入居者へのおむつ交換にかなり戸惑っていました。

 

入居したての女性入居者からも、男の人からのおむつ交換は嫌だと拒否をされたことがありましたし、ご家族からも、異性からのおむつ交換は止めてほしいと苦情が入ったことがありました。

 

また、入浴時も女性入居者からは、男性スタッフに着替えや体を洗われることを拒否されたこともありました。

 

施設側はこういった申し出には前向きに対応して、異性のスタッフが介助、介護はしないようにということになりましたが、実際には人手が不足しているし、時間に追われているのでそのルールは守りきれませんでしたね。

 

介護側は入居者の方が思っているほどヤバい考えで接してはいませんよ。むしろ、女性スタッフが入居者にセクハラされるほうでした。

 

入浴介助で男性入居者を抱え上げて、ズボンとおむつを外した瞬間に顔に局部を押し付けられたり、洗い場では「ここを洗ってくれ」と局部に手を持っていかされたり、居室でベットに引き込まれて体を触られたり、外の世界では犯罪になるようこともありましたよ。

 

そういった人の場合は、男性スタッフが対応するか、2人ペアで対応するようにしました。

 

最近は、施設長が女性従業員にセクハラをしたと話題になっていましたね。
言うことをきかなければ給料を下げる、辞めさせると脅しての行為だったとか。最低ですね。

 

老人ホームの中では何が起きているのか分かりません。

 

困ったことがあれば、一人で悩まずに仲間に相談して解決策を出していきましょう。

■当サイトおすすめの施設検索サイト

↓施設をお探しならこちらから↓