老人ホーム経営 資格

老人ホーム経営に必要な資格とは?

老人ホームを経営するならば、利益だけを求める経営者になるよりも、高齢者の生活や立場、環境、心理などの勉強をして高齢者の立場に立ったサービスを提供できる経営者を目指した方が良いかと思います。

 

私が勤めていた老人ホームの施設長・理事は本当は父親が施設長になる予定でしたが、体調を崩されて急遽、2人の息子が施設長と理事長になりました。
普通のサラリーマンだった人が未知の介護の世界に入ってとても戸惑い、毎日が勉強で大変だったと言っていましたね。

 

立ち上げるにあたって福祉法や、建築面ではバリアフリーや、高齢者が使いやすい建物造りの勉強、他の施設の見学、経理の勉強など大変だったそうです。
開設準備のためにいろいろな場所へ行き、人と出会ってその人たちに様々なことを教えてもらい、補助金や、助成金、の情報を貰ったと言っていました。

 

役所、福祉関係、医療関係、建築、土地、などの色々な人脈がモノを言うことになるようなので、小さな人間関係でも大切にしたほうがいいですね。

 

開設後も経営に関する仕事のほかに、法律や制度が毎年何かしら変わるのでその勉強が必要になります。ですから介護の現場に出る余裕などなくなりますね。
介護については早い段階から勉強をしておいた方がよいでしょう。
介護の状況、介護士の仕事の大変さ、利用者の気持ちなどが少しは分かっていたほうがいいですね。

 

私たちの施設長は介護の勉強にまでは手が回らなかったので、現場のことは全く理解できていなかったのです。ですから介護スタッフたちは無理な要求を強いられることが多々ありました。

 

介護福祉士までの資格が必要だとはいいませんが、ヘルパー1級は取得し、現場で働いてみることが必要でしょうね。

 

施設長になるには1年ほど講習を受けて取得できる施設長資格が一番の近道だそうですよ。

 

他には全て必要な資格ではありませんが、勉強して知識や資格を取得しておけば不自由はしないでしょう。ということで、思いつくかぎりの資格を上げておきました。

 

介護福祉士・介護支援専門員資格・ケアマネジャー・理学療法士・作業療法士・福祉住環境コーディネーター・ホームヘルパー1級資格・簿記1級(財務管理の理解が出来る知識は必要)

 

あとは、管理職として、経営者として健康と精神力の強さが必要になります。

■当サイトおすすめの施設検索サイト

↓施設をお探しならこちらから↓