特別養護老人ホーム 有料老人ホーム 違い

特別養護老人ホームと有料老人ホームの違いはなんですか?

現在の日本には多くの種類の老人ホームがありますよね。
いっぱいありすぎて「この老人ホームはどういう種類の老人ホーム?」て思いますよね。

 

自分が将来老人ホームに入居を考えた時に、どういった老人ホームを選べばいいのか迷ってしまいます。
老人ホームには、入居するときの健康状態や、介護度によって入居できる施設とできない施設がありますし、料金もいろいろとあります。

 

世間でよく耳にするのは特別養護老人ホームと有料老人ホームではないでしょうか。

 

特別養護老人ホームは社会福祉法の規定により、福祉事業を行うことを目的とした公的福祉施設で、入居できるのは65才以上で介護度1以上の人が入所できます。
ですから、自立している人は入所できません。

 

また、他の老人ホームにはないシステムですが、特別養護老人ホームでは、認知症や介護度が高く、緊急性が高い人が優先的に入所することが出来るので、希望する特別養護老人ホームに入居するまで何年も待たなければならないことがあります。

 

費用は低額で国が定めた所得階層4段階で区分されています。入居金は不要。部屋は2〜6人ぐらいの相部屋がほとんどです。

 

有料老人ホームは、民間事業者が経営している民間施設が多く、自立している人が入居する施設ですが、特定施設という介護保険の指定を受ければ要介護の人も入居できます。

 

費用は各ホームで違いがあり、毎月支払う管理費・食費・光熱費・などのほかに、入居一時金が必要になるので高額になります。
部屋はほとんどが個室です。
費用が高い分、娯楽設備が整っていて快適な生活ができます。

 

特別養護老人ホームでは介護度が高い人を優先して入所させて、介護度が上がっても、そのまま入居していられますが(治療が必要となり長期入院の場合は退去することがある)、有料老人ホームでは、比較的落ち着いた人を入居させ、要介護が高くなったり、入退院を繰り返す入居者は退去させるという入居基準を設けているるホームもあるので、入居の時には確認をしておいた方がいいですね。

 

この2つの施設の違いを上げるのならば、特別養護老人ホームは介護をするための施設で、費用が安い。
有料老人ホームは要介護者のほかに、健康な人も楽しく快適な日常生活を送れるような施設ですが、料金は高いということですね。

■当サイトおすすめの施設検索サイト

↓施設をお探しならこちらから↓