老人ホーム入居 検討 何歳

老人ホーム入居は何歳くらいから検討を始めた方がいいですか?

老人ホームへ入居を考えるきっかけは人それぞれの理由があり、検討を始める年齢もさまざまだと思います。

 

出来れば自宅で最後まで過ごしたいとは思いますが、核家族が多く、高齢化が進んだ現代では老々介護というものが問題視されていますね。

 

先日も、高齢の子供が親を高齢の親を介護していたが、子供が倒れてそのまま息を引き取ってしまったために、介護者を無くした寝たきりの親も死亡してしまったという事件がありましたね。

 

他にも、孤独死、孤立死という言葉がニュースでも多く聞くようになっている時代です。

 

こんな暗いニュースを聞くと、独身が長い人は老後が不安になってきて、将来は老人ホームでの生活を考えるようになるそうです。

 

私の友人は45才の女性。未婚。
やはり孤独死というニュースを耳にすると胸が締め付けられるほど自分の老後が心配になるそうです。
彼女はマンションを購入する予定でしたが、予定を変更してその資金を有料老人ホームに入るために預金することにしたそうです。まだホームは決めていませんが、「こういう所で、こんな施設とサービスがあるところが良い」という、ある程度の条件は決めていて、定年退職と同時に入居を考えているそうです。

 

彼女のように早くから有料老人ホームへの入居を考えておけば、高額な入居一時金や月額使用料などの資金の用意に余裕ができるし、子供がいる人には老人ホーム入居に関しての説明・説得ができますね。

 

有料老人ホームへの入居を考える人のほとんどが元気なうちからだと思います。

 

やむを得ず老人ホームへの入居を考えなければならない状態になったという人もいますね。

 

今まで元気に自宅で過ごしてきたが、怪我や病気がきっかけで一人暮らしに不安を感じて、家族に迷惑をかけたくない、というような理由から検討を始めるという人もいます。

 

老人ホームに入居の検討することに年齢制限はないと思いますよ。

 

老人ホームに入ることを老後の選択肢の一つとして心に留めておけば、もしもの時には慌てずに済むかもしれません。

■当サイトおすすめの施設検索サイト

↓施設をお探しならこちらから↓