老人ホーム ケアハウス 違い

老人ホームとケアハウスってどう違うのですか?

老人ホームと一口に言ってもいくつかの種類があります。

 

「特別養護老人ホーム」65才以上で認知症など、精神や身体に著しい障害があり、食事・入浴・排泄・日常生活に於いて常時介護が必要とする人が入所できます。

 

「養護老人ホーム」65才以上で、ある程度の自立が出来ているが、経済的に問題があり、ひとりで暮らしていくのに問題がある人が入所します。

 

「老人保健施設」寝たきりや認知症で要介護の認定を受けた人が対象。家庭に復帰させることを目的としたリハビリ・看護・介護・医療のケアを受けることが出来ます。

 

「有料老人ホーム」介護保険サービスを利用できる施設。利用料は他のホームと違い、入所時に一時金を支払い、毎月の利用料・食事代・管理費を支払う。基本的に自立していることが入居の条件であることが多い施設です。

 

「軽費老人ホーム」60才以上で、低額で入所できる施設。
A型とB型とケアハウスがあります。

 

「ケアハウス」は。軽費老人ホームの一種になります。

 

軽費老人ホーム(A型・B型)の入居の条件は、原則として、自分で部屋の掃除、洗濯など身の回りのことができることとなっていますが、自炊ができない程度のものは認められています。他に、1人で自宅で生活するには不安があるという人も認められていますが、要介護度が上がると退去しなければいけないことがあります。

 

ですが、軽費老人ホームの一種である「ケアハウスは」、基本条件はA型B型とほぼ同じではありますが、身体的機能の低下などが認められ、自宅や、家族との同居が困難という人を低額な料金で入所できる施設で、食事・入浴付きの高齢者向けマンションと考えたらよいかと思います。

 

建物も高齢者向けとなっているので、車いすでも生活できるようにバリアフリーとなっています。

 

食事のサービスはありますが、介護サービスは訪問介護サービスなどの外部から受けることが出来ます。

 

平成12年から施行された介護保険を利用でき、入居後に介護が必要となった場合は要介護認定の認定を受け、認められればそのまま外部からの訪問介護や、通所して介護サービスを受けることができるようになっています。

 

軽費老人ホームでのケアハウスの違いを施設の特徴や入居者の条件や状態で言うことはとても難しいのですが、自立ができているのか、多少の介護が必要であるのか、ないのかで違いが出てくるのではないかと思われます。

■当サイトおすすめの施設検索サイト

↓施設をお探しならこちらから↓