特別養護老人ホーム 介護老人保険施設 違い

特別養護老人ホームと介護老人保健施設の違いはなんですか?

特別養護老人ホームは略して特養。
介護保険上での正式名称は介護老人福祉施設といいます。
介護老人保健施設は略して老健。

 

この2つの施設の違いはといいますと。

 

特別養護老人ホームは一般的に老人ホームと言われる種類になるもので、生活の場となります。
入所期間に制限がなく、常時介護を必要とするような65才以上の要介護度の高い人から入ることが多い施設です。
ホームを設置運営するのは、都道府県・各市町村・社会福祉法人に限定されます。

 

在宅での介護が困難な人・認知症などの人が対象になり、入所者に対して入浴・食事・排泄・着替え・機能訓練・健康管理など日常生活における介護をおこないます。

 

介護サービスを提供するスタッフ側から言いますと、自立のための介護というよりも、要介護者の日常生活のお手伝いの場所となりますね。

 

介護老人保険施設は、原則3か月という入所期間があり、ロングステイ・ショートステイ・デイケアサービスを行っています。
特養とは違い、帰宅を可能にするためのリハビリの場ということになります。
ですから、麻痺や怪我で入院治療をしたあと、自立した日常生活がおくれるようにリハビリなどの機能回復訓練を行い、家庭に帰ることを目的とした施設になります。
医師・看護師・作業療法士や理学療法士など色々な職種の方が働いています。

 

利用者のなかには、自宅へ帰れるまでの機能回復にならずに、病院から介護施設に入所までの中間施設になっている場合もあります。

 

特別養護老人ホームには常勤医師の規定がないので、医師が不在という施設が多く、介護老人保健施設には入所者100人に対し、常勤医師は1名と規定されています。

 

この2つの施設の違いをまとめると、生活の場であるのかないのか。
医師が常勤しているのかいないのか。この2つが大きな違いとなりますね。

 

特別養護老人ホームは生活の場となりますので、なかなか空き室がなく、待機している人が多いです。
介護老人保健施設は、3か月という期間があることと、施設から自宅へ、あるいは施設から他の施設への移動があるので空き室が出やすいと言えるでしょう。

■当サイトおすすめの施設検索サイト

↓施設をお探しならこちらから↓