有料老人ホーム 介護保険

有料老人ホームで介護保険は使えますか?

初めに介護保険がどういうものかを簡単に説明しておきましょう。

 

介護保険とは、介護の為に支給される保険で、平成12年(2000年)4月1日に施行された社会保険制度です。
財源は満40才以上の被保険者が納付するものだけではなく、国、都道府県、市町村の負担があります。
給付の種類は2つでそれぞれ認定を受けた者が受けられる給付です。
介護給付は、要介護認定を受けた者。
予防給付は、要支援認定を受けた者。

 

要介護認定を受けると介護保険で色々なサービス(訪問介護・デイサービス・入浴サービス・など、)を在宅でも受けることができます。

 

この介護保険で入所できる施設は以下のようになっていて、基本的に要介護認定1〜5の方を対象にしている施設です。

 

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)・介護老人保健施設(老健)・介護療養型医療施設・認知症対応型共同生活介護施設(グループホーム)・介護療養型老人保健施設(特養老健)・介護療養型医療施設(療養病床)です。

 

これら以外の介護施設・有料老人ホームでも介護保険は使えますよ。
ただし、居宅サービス(在宅で受けるサービス)・地域密着型サービス(その市町村に住む人のみが利用できる)として利用できます。

 

介護保険に於いて「地域密着型特定施設」・「特定施設」となる有料老人ホーム・ケアハウス・養護老人ホームでは居宅サービス及び地域密着型サービスを受けることが出来ます。

 

言ってる意味分かりますか?
なんだかこ難しい説明になりましたが、早い話が有料老人ホームでも介護保険は適用されますが、特別養護老人ホームやグループホームなどのように、直接施設が介護保険サービスを提供するということではないのです。
入居者は介護保険を使って通所サービスや訪問介護サービスを受けられますよということです。

 

介護保険は5年に一度で必要に応じて改正されています。
ますます進む高齢化社会に向けて、有料老人ホームに入居することなども含めて、負担が少なくなるような制度になっていただきたいと思います。

■当サイトおすすめの施設検索サイト

↓施設をお探しならこちらから↓