有料老人ホーム 切り分け

有料老人ホームの切り分け(「在宅型」「介護付き」「健康型」)

有料老人ホームと聞くと、豪華・金持ち・高いというイメージがありましたが、2000年に介護保険制度が導入されたことがきっかけにして民間業者が介護業界に参入してきたことと、介護保険の給付によって入居がしやすくなっています。

 

有料老人ホームと一口で言っていますが、大きく分けて3つのタイプに分けられます。
「介護付き有料老人ホーム」と「在宅型有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」があり、健康・経済状態や特定施設入居者生活介護の認定の有り無しで分けられます。

 

介護付き有料老人ホームは介護保険の「特定施設入居者生活介護」の認定を受けた施設で、要介護者3人に対して、介護スタッフを1人以上はつけることになっていて、24時間常駐しています。

 

入居後に要介護になった場合でも施設で生活ができ、ホームのスタッフあるいは委託の介護スタッフによるサービスを受けることができます。
ですが、介護付きとは言っても、認知症・病院への長期入院・ホームの秩序を乱すなどの健康状況によっては退去しなければならないこともあります。

 

費用は、食事から介護サービスまで受けられて、入居金とは別に家賃・運営管理・食費・公共料金などの月額利用料が必要になる。介護保険、医療費は別途費用となります。

 

在宅型有料老人ホームは介護保険の「特定施設入居者生活介護」の認定を受けていないので、ホームのスタッフが介護サービスをすることはありません。食事と緊急時の対応と生活支援のみのサービスになります。

 

入居対象となるのは、要介護の認定を受けていない人が入居基準となっていますが、最近では、要介護認定を受けていても入居可能なホームが増えています。
入居後に介護が必要になった場合は、自分が委託した訪問介護などのサービスを受けながら施設で生活ができます。
ですが、認知症・要介護度が上がると退去しなければならない場合もあります。

 

費用は入居金とは別に家賃・運営管理費・食費などの月額利用料が必要となり、介護保険・医療費・公共料金は別途費用がかかります。

 

健康型有料老人ホームは、介護の必要はないが、一人暮らしが心配・老後を楽しみたいという人が入居できるホームです。基本的に要介護となったら退去しなければいけないので、後に要介護となった場合のことを考えておかなければなりません。
ですが、訪問介護を利用して引き続き入居できるホームもあります。
費用は入居金が他の有料老人ホームと比べると高額ですが、月額費用は安くなっている場合が多いです。

 

多くの民間業者が参入してきた結果、金額・サービス、入居対象がホームによってかなり違っていて、サービスや設備の内容によって費用はさまざま。まさに「ぴんからきりまで」となっています。

■当サイトおすすめの施設検索サイト

↓施設をお探しならこちらから↓