介護 入居一時金

介護老人ホームで入居一時金を0にするところの特徴とは?

有料老人ホームへ入居する際に悩みとなるのが高額な入居金です。

 

有料老人ホームは民間が運営しているために国からの補助を受けずに設立しています。
そのため、開設にかかった土地購入費・建設設備費等も運営中に回収しなければなりません。

 

その費用を賄うのが入居一時金です。だから入居金が高額になってしまうわけです。

 

ところが最近ではこの入居一時金が0円という介護老人ホームが増えてきました。

 

一番頭を悩ませる入居金が0円なのですから、老人ホームを利用したい高齢者には嬉しいことです。

 

しかし本当のところはどうかというと、長期で利用した場合では入居金を支払う老人ホームとかかる費用がたいして違いがなかったり、サービスに不満が出てきます。

 

 

それでは0円の老人ホームの特徴と合わせて説明をしていきましょう。

 

・質素
入居一時金0円で入れる老人ホームは、高額な入居一時金を支払う所よりも建物や設備が質素になっていて、必用最小限となっています。

 

・月額利用料が高め
入居一時金で賄うはずの開設費用は月額利用料から回収するしかないので、月額使用料が月15〜30万円と高めになっています。

 

この費用は入居一時金を支払う一般的な有料老人ホームと比べても、支払う月額利用料はたいして違いがなく、長期で0円に入居すると、結局は高額な入居一時金を支払う老人ホームと総額が同じか、それよりも高くなってしまいます。

 

・サービスに不満が出る
高めの月額利用料ではありますが、施設側は職員数を最低基準の配置にしたり、食事を委託したりするなどして少しでも月額利用料を安くおさえようと努力しています。その結果、満足できる手厚いサービスが受けられないというマイナス面があります。

 

・長期ではなく短期入所向き
月額利用料が高く、サービスも必要最小限となれば長期に渡って介護を受けたい人には不向きかもしれません。

 

利用者もその辺はよく理解していて、特別養護老人ホーム入居までのつなぎであったり、何らかの理由で取り敢えず急いで老人ホームへ入居したいという人が一時的に利用している人が多いようです。

 

 

少子高齢化社会となった今の時代では、全ての人が個人の要望に合わせて入居金も含めて低額料金で設備、サービスが多種多様で多くの選択肢から有料老人ホームに入居できるようになってきています。

 

老人ホームを選ぶときには、入居金だけにこだわらず、あらゆる面から自分に合う老人ホームを選ぶようにしましょう。

■当サイトおすすめの施設検索サイト

↓施設をお探しならこちらから↓