介護老人ホーム 認知症

介護老人ホームは認知症でも入れるの?

「うちのおじいちゃん・おばあちゃんが認知症が悪化して今まで入居していた有料老人ホームを追い出されてしまい、どうしたらいいのか分かりません」という相談をネットでよくみかけます。

 

認知症になったら、または認知症の人は有料老人ホームで介護してもらえないのでしょうか?入居できないのでしょうか?という疑問を多くのかたに持たれていますが、そんなことはありません。

 

 

有料老人ホームには色々な種類があります。

 

健康な人が対象の健康型の有料老人ホームや介護の体制が整っていない老人ホームであれば、認知症の人の入居はお断りされます。また、入居後に認知症と認定されれば退去させられます。
これは健康な人が対象なので仕方がないことです。

 

 

しかし、近ごろは認知症の高齢者が増えたこともあり、「介護付き」となっていない老人ホームでも認知症の人の受け入れをし初めています。

 

ですが、認知症にも症状というものがあり、なかには暴力や夜になると叫ぶなどの問題行動がある人だと、老人ホームという集団生活をする場では他人に迷惑や危害を与える危険があるために、施設側が「集団生活の適応が著しく困難である」と判断した場合は、入居することはできませんし、退去させられることもあります。

 

 

特別養護老人ホームの場合は重度の認知症であっても入居を断ることはありません。しかしベッドに限りがあり、施設が満員であれば受け入れを断られてしまいます。

 

このように特別養護老人ホームの待機待ちで入居できなかった人達の受け皿としてあるのが、介護付き有料老人ホームやグループホームです。

 

各老人ホームの認知症への対応には違いがあります。
軽度を対象としている所もあれば、認知症の症状がかなり重い人でも受け入れ可能な所もあるので、症状の度合いや進行を考慮して老人ホームを選ぶことになります。

 

 

認知症の高齢者を抱えている家族の負担はとても大きいものです。

 

介護付き有料老人ホームやグループホーム、特別養護老人ホームなどの認知症の人でも入れる老人ホームを利用して、少しでも家族の負担を減らしていくようにしましょう。

■当サイトおすすめの施設検索サイト

↓施設をお探しならこちらから↓