老人ホーム 入居 条件

老人ホームに入居するための条件

老人ホームに入居するには自分側の条件と、施設側の入居資格と条件が合わなければ満足のいくホームでの生活はできませんね。

 

まずは自分がどのような老人ホームに入居したいのか条件をあげてみると良いでしょう。
例えば、どのような種類の老人ホームがよいのか・予算・立地条件・部屋のタイプ・サービスの内容・自分の健康状態・介護付きの有り無し・プライバシーの問題などの条件は老人ホームを選ぶポイントになります。

 

では、各老人ホームの入居資格はどうなっているのでしょうか。

 

特別養護老人ホーム
65歳以上で、精神・身体に障害があり、要介護の判定が出た人が条件。介護の重要性が高い人が優先なので申し込んでもすぐには入居できない。費用は低料金です。

 

グループホーム
65才以上で経度の認知症や身体の障害のある方が少人数で共同生活をし、家事は職員と共同で行います。ここでの費用や、設備、介護サービスの質は各ホームで違ってきますが、だいたい月額15万円ぐらいが一般的なようです。

 

軽費有料老人ホーム
身の回りのことは自分ででき、部屋は個室。食事、入浴、介護サービス有もありますが、要介護度が上がると退去しなければならない場合がある。入居金が必要なところと0円のところがあります。

 

介護付き有料老人ホーム
基本身の回りのことができる。部屋は基本的に個室で自炊できるタイプがあります。食事や入浴、介護サービスが付いているが、要介護度が上がった場合は退去しなければならない場合があります。入居金が必要なところと0円がありますが、軽費に比べると料金は高め。その分サービスは充実しています。ワタミ・ニチイなど民間業者が有名。

 

健康型有料老人ホーム
介護が必要ではない方用のホームなので、要介護となったら退去しなければなりません。入居金が高額な場合が多い。

 

簡単ではありますが、主要な老人ホームの条件をあげてみました。
体が健康なうちは有料老人ホームに入居できますが、要介護度が上がったら退去しなければならない場合があるので、退去後のことを考えてホームを探したほうが良いでしょう。
各ホームによって費用、設備、サービス、レクリエーションの内容が違いますので、自分の条件に合ったホームを探すためにはパンフレットを取り寄せ、見学をして、体験入居をお勧めします。

■当サイトおすすめの施設検索サイト

↓施設をお探しならこちらから↓