介護老人ホーム 選び方

介護老人ホームの選び方のコツ

若い方はまだ老人ホームについて考えることはないでしょう。しかし、要介護が必要となった家族の誰かが入居することになり、いずれは老人ホームを意識する時期が来るはずです。
その時、どういった介護老人ホームを選べば良いのか悩むでしょう。

 

老人ホームと言ってもなんだかよく分からないですよね。種類も沢山ありますし、条件が合わなければ入居できないこともあります。

 

ここでは介護老人ホームを選んでみましょう。

 

出来れば自宅から近くて気軽に面会に行けるところがよいですね。
老人ホームに入居している方たちは家族の面会をとても楽しみにしています。面会が少ない方は面会に来てもらっている方にとても羨ましげな目を向けているんですよ。
例え認知症で家族の誰かも分からない状態であっても、面会には行くようにしましょう。

 

自宅の近くにいくつかの介護老人ホームがあったとします。
介護付き有料老人ホームと養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、グループホームです。

 

これらの介護老人ホームにはどのような特徴があるのか知る必要がありますね。

 

介護付き有料老人ホームは、施設内に介護スタッフが常時待機していて、食事・健康・掃除・洗濯・入浴の介護サービスを受けることができます。ですが要介護度が上がったり、長期入院となると退去しなければならない場合があります。
費用は介護保険が適用されますが、サービスの内容によって他の施設よりも高くなります。

 

養護老人ホームは身体や精神に障害があり、経済的、家庭環境などの理由で自宅での生活や介護が難しいとされる人で、原則的には寝たきりではなく、所得の低い人が入居できます。しかし、このホームに入居するには市町村での決定が必要になるので、誰でも入れるというわけではありません。

 

特別養護老人ホームは、かつては申し込みの順に入居できたのですが、現在は介護の必要性が高い順の入居となっています。つまり、要介護度や状況で入所の判断をされますので、当然市区町村の要介護認定が必要となります。

 

グループホームは施設と言うよりも、家庭的な環境で生活ができます。少人数で共同生活をし、生活の中でリハビリを行うことが他の施設とは違う特徴になっています。特に認知症には大きな効果があるとされています。
入居の条件は要介護1以上となっていて、入居するには、事業者かグループホーム、市区町村の役場に問い合わせをすることができます。
グループホームは基本的に生活に必要な費用は自己負担ですが、家庭的で大きな介護施設と違って少人数なので、目が行き届くという点でとても人気がある介護施設です。

 

入居を希望する人の要介護度、費用は施設を決めるのに重要なポイントですが、パンフレットや、役所の人に勧められるままに決めるのではなく、必ず見学をしましょう。

 

設備は整っているのか、建物内に嫌な匂いが溜まっていないか、掃除は行き届いているのか?入居者の服装は綺麗なのか?スタッフの入居者への態度も要チェックです。

 

大事な家族を預ける場所です。
しっかりと体で感じて選びましょう。

■当サイトおすすめの施設検索サイト

↓施設をお探しならこちらから↓